「敏感な若者」の親にも読んでほしい「青春ブタ野郎」シリーズ

どうも、吉田光です。

今回もこのHSPのブログにて作品紹介をしたいと思います。つまりHSPの人に読んでほしいなと思える作品ですな。

ただタイトルにある通り、今作は「敏感な若者の親御さん」にも読んでほしい作品です。
因みにいうと、私のイベントにてHSPの親御さんがいらっしゃったとき、たいていこの作品を勧めています。

「青春ブタ野郎」シリーズ


(出典:https://dengekibunko.jp/special/aobuta/)

「青春ブタ野郎」とは電撃文庫から出版されているラノベシリーズです。
何そのタイトルって思われるかもしれませんが、主人公がたまに呼ばれている蔑称です。
まぁ、彼女に踏まれたがったり蔑まれたがったりしている変態なので(そんなに激しい方じゃないですが)。

ラノベではよくあるラブコメにカテゴライズされますが、物語の内容としては意外と繊細なテーマを扱っています。

高校二年生の主人公、梓川咲太(あずさがわさくた)は引きこもりの妹、楓と二人で暮らしています。

楓は中学1年生のころにいじめを受けていました。
そのいじめの内容というのが、既読スルーしてクラスのリーダー格の女子から嫌われSNSで悪口を書かれまくり、心を閉ざしてしまったという内容。
その1件から楓は深い心の傷を負うようになり、「思春期症候群」と呼ばれる超常現象に巻き込まれます。

楓の思春期症候群は「心の傷の具現化」。別に暴行されていないのに、心の傷が痣や切り傷といった形で体に現れてしまう現象が発生してしまいました。
楓は病院に運ばれるましたが、まぁそれから色々あり学校も通えなくなり2年ぐらい引きこもりをしています。
咲太は楓がスマホを見るとストレスを感じるのに気づき、自分のスマホを海に投げ捨てています。なので彼はスマホを持っていません。連絡手段は家の電話のみという、時代錯誤も甚だしい状態。

両親と暮らしていないのは、母親が楓の面倒を見るのに疲弊してしまい、心の病気を患ってしまったからで、両親は両親の二人で暮らしています。父親はたまに咲太に連絡をよこしている、そんな複雑な家族事情があります。

さて、この「思春期症候群」というのがこのストーリーの核になります。
思春期特有の悩みだったり問題が、様々な形で超常現象という形で現れてしまう。
例えば、
自分の暗さにコンプレックスを持つ女の子の「明るい面」と「暗い面」の二つの自分に肉体ごと分裂してしまったり、
姉にコンプレックスを抱いてる女の子の外見が姉と入れ替わったり。
コンプレックスや悩みを一応解消しているのが特徴です。完全解決ではなく、一応解決している。なんかその匙加減が絶妙なんですよ。

都市伝説レベルの現象なのにもかかわらず、咲太君は主人公が故に学校の先輩やら親友やらの女の子の思春期症候群にまつわる問題にやたらと巻き込まれることとなります。

そして思春期にまつわる問題にやたらと絡んでくるのがSNSをはじめとしたインターネットという要素。
私はこの作品をアニメで観て衝撃が走り、こんな感じで自身のブログに書き残しています。

今の若者でSNSやインターネットというのは外せなくなってしまった要素になります。
やってないとハブられるし、やってもいろんなしがらみを抱えてしまう。実に厄介です。
本作ではそれらに振り回されてしまう女の子が悩みを増幅してしまう描写もあります。

作者について

作者が鴨志田一氏。この御方がまぁホントにストーリー作りが上手いこと上手いこと。「さくら荘のペットな彼女」という作品があるのですがこちらもお勧めです。
どちらの作品にも言えることなのですが、思春期の青少年の描き方が非常に上手いです。「心情をよく捉えているなあ」と感心します。

因みに「さくら荘」では「夢を追いかけること」と「才能の有無」というジレンマを非常によく描かれている作品です。
私はアニメで見たのですが、役者をやっている身からすると「わかるなあ」と思えることが非常に多かったです。

アニメもお勧め!

なので、前述した部分に共感できる方に触れてほしいなと思います。

今の若者の親世代だと、ここら辺の問題がわからないと思います。

来月で27歳の私ですらスマホを持ったのは大学1年の時で、同世代の人間からすりゃスマホデビューがかなり早い方でした。そんなわけで私の高校時代は当然ガラケーで、LINEがありません。つまり私の中学・高校時代にはまだ「既読」という文化が存在していません。かろうじてTwitterがあったぐらいで。

もうこの時点で今の若者とは致命的な差があります。スマホがある無しで、連絡する気軽さが格段に違うので。

去年これがアニメ化され、今年の6月に映画化されるなどしているので、小説以外にもアニメで観る手もあります。
「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」というタイトルでアニメ化されています。このタイトルはシリーズ一作目のタイトルです。ラノベのタイトルなんてこんなもんです(笑)

アニメは非常に良く作られています。特にOPのthe peggies「君のせい」は名曲。青ブタらしいOPで飛ばさず見てましたね。

dアニメストアなどで全部見れるので、よかったら見てみてくださいね。

それでは。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

刺激追求型「HSS(High Sensation Seeking)」は良くも悪くも好奇心旺盛
気圧や気候の急激な変化に弱い「気象病」
いざとなったら逃げるが勝ち!【吉田光】
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
自己否定が強いHSP【吉田光】
noimage
リセットするための最適な方法、引きこもること【吉田光】
自分がHSPであることを他人に打ち明けるかどうか問題について
HSPはちゃんと呼吸するとムテキになれる
「よそはよそ、うちはうち」という境界線を引く【吉田光】
優しさでできているWeb漫画「洗濯荘の人々」

Menu

HOME

TOP