HSPについて理解がないカウンセラーを警戒するHSP

どうも、吉田光です。

今年からまたイベント再開していきます。
心機一転。HSPに対するメッセージもより具体的にしていこうかなと思います。

というわけで、今回はイベントをやってて割と寄せられるご意見をば。

HSPに対するカウンセリングについて

私のHSP交流会にお越しいただく方は、「カウンセリング」に対して興味がある人が多いです。

自分のこの悩みを相談できる相手が欲しい。

そんな思いもあって、交流会に参加する人も少なくないのでしょう。
それはとても理解できる心境です。

だがしかし、それと同時に悩むのが、「カウンセラーはHSPということに対して理解はあるのだろうか…」という不安です。

カウンセラー≠HSPに対して理解がある

残念ながら、カウンセラーだからといってHSPに対して理解があるというわけではありません。

これは私の大学の後輩で、心理系の大学院に通っている学生の言葉なんですけど、
「HSPって言葉は聞いたことがあるけど、ちゃんとは知らないなぁ」という感じでした。

最近心理学系の学科をご卒業された方も、大学の授業で「HSP」ということは一切触れなかった、とおっしゃっています。

一応、HSPに関する論文はいくつかあるそうです。
ネットで論文が閲覧できる「CiNii」で調べれば幾つかヒットします。

だけど、HSPってどうしても最近出てきた言葉なんですよね
今でこそHSPって言葉を検索すると「Highly Sensitive Person」が出てきますが、どうやらプログラム系の言葉にもあるようです。

もしかすると、割と年を取ったカウンセラーだと「HSP?はて…」となる可能性も十分にあります。

だからでしょうね…武田友紀さんはそういう意味でも存在が大きいんですよ…。


私もHSPを専門として扱っているカウンセラーは彼女しか知りません。
でも、多分いま新規の受付してないと思いますね。

Twitterで調べてみると、HSPのカウンセラーやってますという人はそこそこヒットはします。

「そういう人って、実際どうなんですか?」と聞かれると、私としてもちょっとわからないってのが本音ですね。

「吉田さんはどうなんですか?」と聞かれると、まぁ真似事はできますけどカウンセリングと称してやることは絶対にないですね。
カウンセリングを甘く見てませんし、何よりカウンセラーになるつもりがありません。
まぁそこらへんの人よりかはHSPの悩みを聞くことはできます。

できるけども…俺の解決策って結構荒療治が多いからなぁ…。
俺の人生哲学って、今まで結構無茶やってきて、その中で得た人生哲学だから…。

吉田が今までどういった経験をしてきたのかを知りたいのであれば、

上記の二つで知ることができます。

一応、東京であればサシでお会いすることもできますので、ご希望がありましたらこちらからどうぞ。
一応投げ銭制にしてますので、無料からいけます。

まぁ宣伝はここまでにして…。

自分に合ったカウンセラーと出会えるかどうかが大事

HSPに理解があるかどうかは置いといて、やっぱりカウンセラーについては「自分の合うかどうか」が一番の指標になるかなと思います。

まぁそんなの誰しもが「そりゃそうだ」となりますけどね。
「自分に合うカウンセラーだったら、HSPに理解ある人の方が可能性高いだろ」
そんな声が聞こえてくるぜ…。

とはいえHSPに理解があるかどうかに固執すると、どうしても範囲が狭まっちゃうのも事実です。
なので、単純に「自分に合うかどうか」という指標で選んでみるとよいでしょう。

因みに吉田にとってそういう人がいるかと聞かれると、いますね。
ただ、多分今カウンセラーの活動をやってない可能性が高いので、ここに載せることはできません。
できそうだったら追記します。

カウンセリングは必ずしも必要というわけではありません。
ぶっちゃけ、たけーし(笑)
ただ、受けた方がいいと思うのであれば、一度身銭を切るのもありだとは思います。
1対1で話を聞いてもらうって、それだけで価値があると思います。

それでは。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

気圧や気候の急激な変化に弱い「気象病」
HSPはちゃんと呼吸するとムテキになれる
刺激追求型「HSS(High Sensation Seeking)」は良くも悪くも好奇心旺盛
noimage
いざとなったら逃げるが勝ち!【吉田光】
「よそはよそ、うちはうち」という境界線を引く【吉田光】
noimage
優しさでできているWeb漫画「洗濯荘の人々」
「敏感な若者」の親にも読んでほしい「青春ブタ野郎」シリーズ
noimage
noimage
noimage
noimage
子供の泣き声や黄色い声などが苦手な母親はいる
自己否定が強いHSP【吉田光】

Menu

HOME

TOP