HSPイベントをしばらくお休みします

どうも、吉田光です。

寒いですね。ちょっとこの気温変化は応えるものがありますね。

さて、今後のThe All MighnorityのHSPイベント企画運営について、色々と決定したこと、そして私なりの今のHSPイベントについて思うことを述べたいと思います。

しばらく交流会はお休みします

まぁお察しの通り・書いてある通りなんですが、しばらく交流会のイベントをお休みさせていただきます。
正確に言うと、吉田光が主催するHSP交流会をしばらくお休みします。

完全に辞める可能性も無きにしも非ずですが、まぁいつかひょっこり戻ってくるかと思います。
その時はもしかすると交流会ではなく、インプロだったりもうちょっと深いイベントになるかもしれません。


あ、12月の1日・8日に開催される那須さん主催の交流会は行われますのでご安心ください。
ただ、来年1月から那須さんもThe All Mighnorityを離れ、自分でHSP交流会を企画・運営することとなりました。
別に喧嘩があったわけではありません。あの、普通に仲いいですよ(笑)

ぶっちゃけいうと、もう那須さん自身で集客できるのでウチにいるメリットはないなぁと気づき、那須さんにそれを伝えたところ「じゃあ一人でやります」という流れになったのでそうなっただけです。

私としては那須さんにThe All Mighnorityにずっといてほしいわけではなく、むしろ独立した方が良いと考えていたのでこっちのほうが嬉しいです。
今年の9月からカフェでのHSP交流会「HSP プチDiary」を運営してくれていたので、本当に感謝しています。私個人としては本当に頑張ってほしいと願っています。

というわけで、私が交流会しない間は那須さんの交流会に顔を出してみてください。現状一番私に近い立場で交流会を開催している人は彼だと思います。

お休みを決定した経緯について

まぁ経緯というか、そんな大層なもんじゃないんですが(笑)
まぁいくつか理由があります。
割と細かい理由且つ数が多いので、まぁバーッと書きます。

ぶっちゃけそのほとんどが手前勝手な理由なんですが…。

12月に舞台演劇に出ます


理由の一つが、12月の中旬に舞台公演が入ったことです。
トークイベントとこれとでちょっと交流会の企画をするのが遅れてしまい、12月の「HSP Diary」の企画をするのが難しくなって今いました。
11月から場所を取ってDiaryを企画するのも、ちょっと体力が続かないなぁという感じでして。

実は去年も、去年の12月と今年の一月を舞台の関係でお休みしています。これはほんとに一時的なものだったので2月から開催を続けました。
ただ、今年様々なメディアから取り上げれていただきまして、名前もそこそこ広がったので、きちんと報告した方が良いかと思いましてこれを書いています。

あ、よろしければ舞台もお越しください(笑)
詳細は下記リンク先にて
【12月14日・15日】モノローグEXPO

トークイベントで燃え尽きた

もう一つとして、今年の9月と今月に開催しました武田友紀さんとのトークイベントです。
凄い簡潔且つ正直に言うとですね、これで燃え尽きた感があります。

何か燃え尽きたかって、自分が話せる話はこの二回のイベントで喋りつくしてしまったのです。
終わった後体調を崩して、家で寝ながら「これ以上HSPの人たちに何が与えられるんだろうか」と色々と考えていたのですが、このトークイベント以上のことができないなーと何となく思うようになりました。

というわけで、自分なりの充電期間にしたいと思います。

他の交流会が増えた

那須さんもそうですが、AbemaTVでHSP特集がやった後、全国各地で様々なHSP交流会が企画されるようになりました。
これに関しては好意的に受け取っています。

個人的にはもっといろんなところでHSP交流会が興り、HSPというのをもっと全国的に見直すというのをやってほしいなぁと思っています。

勿論、増えた分ピンもキリもはっきりするとは思いますが、まぁそこは乗り越えないと事が大きくならないのでね…。

まぁといわけで、頑張って自分がやる必要もないのかなとも、ちょびっと思ったりしました。

若い人が集まる交流会も、しばらくは那須さんがやってくれそうなので。

疲れた&吉田のやり方に疑問を抱く

最後がこれです。怒られてもいいんじゃねーかなーコレ

ぶっちゃけちょっと疲れました。単純に休みたいなーと思います。

あと、うーんちょっとねー、吉田のやり方ってどうなのかなーとも思ってきました。

私は「HSPは可能性ある人々」というメッセージを胸に、割と頑張って活動を続けてきました。

それを伝えるために交流会内でも、まぁ某松岡さん的な感じで、熱い感じでこう、力強くメッセージをぶつけることもあったりしました。

うーんでも、このノリはHSPでやっていいものなんでしょうかねーとかも思うようになりました。

「生きづらい」と悩むHSPの人の話を聞くと、まぁ「もっと熱くなれよォ!」じゃないんですけどね、こうまくしたてるように自分の話をすることもそれなりの数ありました。
要は「その問題を解決したい!」という感じで熱くなってたんですが、これがいわゆる男性の話の聞き方ってやつでして。共感が大事な交流会でこれをやるのは、実は目的に反することです。

正直、カウンセラーではないのでね、私。だから畑違いなことをしようとしていたわけです。
まぁカウンセリングもやろうと思えばやれるとは思うのですが、あんまりやる気はないので。

というわけで、充電も兼ねると共にやり方も見直そうかなと思います。

「生きづらさ」について

「HSPは生きづらい人」という認識が広まっています。
HSPという言葉が本やメディアなどで広まり、「私もそうだった!」「俺もそうなんだ!」という声があちこちで上がっています。

それ自体はものすごくいいことです。
なぜなら、自分を知ることは人生において非常に大切だからです。

そんな人が私のHSP交流会に来て、自分について話してくれました。
今まで話せなかった自分について話す人たちは、話した後にとてもスッキリした感じでかえっていきます。そんな人たちを見るのがたまらなく好きでした。

「こんなイベントを開催してくれてありがとうございます」という感謝の言葉も沢山いただきました。
言ってくれた人の顔までも覚えています。正直この言葉がなかったらこんなに頑張れなかったと思います。

ただ、こんなイベントを企画していると、本当にいろんな人と出会います。
HSPといっても本当に千差万別で、「HSPってなんだっけ?」と首をかしげることもありました。

この世の中にある生きづらさの原因というのは、「敏感さ」が故以外のことも多分にあります。
イベントを通じて、いろんな単語を聞いてきました。

ADHD
アスペルガー
愛着障害
カサンドラ症候群

エンパス

などなど。もしかしたら上記のようなことが原因なのかもしれません。
HSPについて中途半端な知識を得てしまい、これらをごっちゃに考えてしまう人も中にはいるんだと思います。

「じゃあテメェはどうなんだ」と言われたら…まぁどうなんでしょうね。
私は私でHSPであると確信しているのですが、それ以外はないのかと言われたらないと言い切れる自信はないです。

HSPが終わりではいんだと思います。
なので、HSPということを自分にあてはめすぎるのは辞めた方が良いですよ。HSPの特徴だけでは語れない自分もあるはずです。

ん?テメーが言うなって?サーセン。

HSPが世間に広まっていることについて

私はHSPへの自覚はまだ始まりに過ぎないんじゃないかなと思います。

これは私の個人的な見解ですが、HSPという言葉が広がっているその理由は「自分について深く知る」きっかけを世の中が人々に与えているんだと思います。

今までは「集団の歯車」となることを望まれていました。
ですが終身雇用というのが神話になりつつありあらゆるところでリストラが起こり、ハラスメントということが大々的にとりあげられるようになってきたのは、集団が個人を守ることが限界に来ている、というかもう無理だから終わったんだと思います。

なのでこれからは「個人として自立する」ということを考えられるようになってきています。

3G回線から4G回線に切り替わり、情報の交流が今までの比じゃないぐらいスピードが上がるようになりました。その情報スピードについていけるための情報端末がスマートフォンです。

私が中学生の時なんかは、中学生が携帯(ガラケー)を持たせるのもどうかと言われていたのに、今では小学生ですらスマホを持つ時代です。そうじゃないと周りについていけないからです。

SNSやYouTubeが当たり前になり、世の中に自分の考えを気軽に発信できる時代になりました。
今が「個人の時代」と言われるゆえんの一つです。

それにより、膨大な情報を自分で精査できるように「確固たる自分を持つこと」を望まれるようになりました。
正解はよそから求めるのではなく、自分が見極められるようにする。そんな人を世は求めるようになっています。

HSPというのは確固たる自分を手に入れるために、自分を知るきっかけを与えている、私はそんなことを思っています。

私はHSPであると自覚した瞬間に、自分についていろんなことを悟りました。
そしてその悟りが誰かを救うと信じて、HSPの活動を始めました。
そしてHSPの活動を続けていくにつれ、世の中の人がいかに自分について悩んでいるかを知りました。

自分を好きになれない
自分を認められない
悪いことが起きているのは自分がここにいるからだ

そう考えてしまう人に、数多く出会っていきました。

そう、HSPの活動を続けていくとここに行きつくんです。
生き方について考える、ということに行きついていくんです。

さて、それについて与えられる私のコンテンツは、果たしてHSPについての活動なんでしょうかね。

お芝居を通じて、人の心に何かを与えられた瞬間を数多く経験してきました。
私は何のために役者やってるんでしょうね。

整理できてねーなおい(笑)

まぁ長々と書いていきましたが、そんなことを思ってきたのでしばらく休みます。

人生なんて悩んでなんぼ

一緒に悩んでいきましょうや。
悩んだ人が成長できるんですから。

それでは。

追記(2019.11.27)

あ、一応言っておくと、The All Mighnorityが主催とするHSPイベントはお休みしますが、取材とかは全然受け付けます。
更に言うとなんかイベントで登壇してほしいというような要望もお受付しますので。

あくまでお休みするのは、私が主催してHSPの交流会やそれに類するイベント企画・運営です。
要望や依頼をいただければ、必ず引き受けるとはさすがに言えませんが、なるべく前向きに検討するようにしますので、どうぞどうぞ受付まで

なのでこのブログも活動は続けます。
むしろイベント休むのでこっちが盛んになるのではという疑惑があります。フフフフ。

お悩み共有窓口もとじないでおくので、まぁよろしければご連絡ください。
ただ、返事返すのは遅いのでご了承をば…。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

インプロワークショップを終えて
【9月16日】とても敏感な人(HSP)の交流会「HSP プチDiary」
【6/30・7/14】敏感な人(HSP)の交流会「HSP Diary【第5回!】」
【8月4日】敏感な人(HSP)の交流会「HSP Diary」
【9月22日】トークイベント「HSPが自分のままで生きるために」
【7月25日】敏感な人(HSP)の交流会「HSP Diary【第6回!】」
【10月22日】HSPのためのインプロ(即興演劇)体験ワークショップ
【5月15日】とても敏感な人(HSP)の交流会「第5回 HSP プチDiary」
【10月23日・27日】とても敏感な人(HSP)の交流会「HSP プチDiary」
ちょっとしたサードプレイスになりつつあるHSP Diary【吉田光】
第一回HSP交流会、無事終了しました
明橋大二先生のHSC(H.S.Child)の講演に行ってきました【吉田光】
NATULUCK茅場町二号館 への行き方
【7月4/5/8日】とても敏感な人(HSP)の交流会「第8回 HSP プチDiary」
noimage

Menu

HOME

TOP